1. 静岡県自動車会議所
  2. 静岡県自動車会議所とは
  3. 沿革

沿革

昭和39年 3月 静岡県自動車会議所を設立 静岡事務所・浜松事務所を開設
4月 自動車検査登録印紙の売り捌き業務の開始
昭和40年 3月 自動車登録番号標交付代行業務の指定
昭和41年 4月 自動車税証紙売り捌き業務の開始
昭和43年 7月 自動車取得税証紙売り捌き業務の開始
昭和45年 9月 社団法人静岡県自動車会議所の設立許可
昭和46年 12月 自動車重量税印紙売り捌き業務の開始
昭和48年 3月 浜松事務所新築移転業務開始
10月 中吉田分室(現静岡事務所軽自動車分室)新築業務開始
昭和52年 5月 沼津事務所新築業務開始
昭和62年 2月 浜松事務所軽自動車分室新築業務開始
平成 1年 4月 沼津軽自動車事務所新築業務開始
平成10年 5月 登録番号に係る希望番号受付業務の開始
平成13年 3月 静岡事務所軽自動車分室新築移転業務開始
平成16年 3月 会議所本部を静岡市国吉田2丁目4-26に新築移転
12月 浜松事務所改築業務開始
平成17年 1月 リサイクル料金収納と預託証明業務開始
平成18年 10月 ご当地ナンバー(伊豆)の交付業務の開始
平成19年 12月 自動車検査独立行政法人自動車審査証紙の売り捌き業務の開始
平成20年 11月 ご当地ナンバー(富士山)の交付業務の開始
平成25年 4月 一般社団法人静岡県自動車会議所へ移行登記
平成30年 1月 沼津軽自動車事務所閉鎖
沼津事務所軽自動車分室新築業務開始